ファイントゥデイ

ファイントゥデイの公式noteです。世界中の誰もが、美しく心豊かな毎日を前向きに過ごせ…

ファイントゥデイ

ファイントゥデイの公式noteです。世界中の誰もが、美しく心豊かな毎日を前向きに過ごせるように。そんな想いをこめて、わたしたちのパーパスや、企業活動の裏側にある様々なストーリーなど、みなさんに親しみを持っていただけるような記事をお届けしていきます。

最近の記事

  • 固定された記事

ファイントゥデイ公式note、はじまります

みなさん、はじめまして。ファイントゥデイ公式note編集部です。 このたび創業2周年を迎えたファイントゥデイグループは、わたしたちのパーパスや、様々な企業活動に込められた想いをストーリーとしてお伝えしていく場として、公式noteを立ち上げました。 ファイントゥデイってどんな会社?ファイントゥデイは資生堂のパーソナルケア事業を継承し、2021年7月に始動しました。 fino, TSUBAKI、SENKA、uno、エージ―デオ24、シーブリーズなどの商品を、みなさんも一度は

    • 新入社員13人を迎えた“門出式”。自らの想いを表した草花を手に、「内なる美しさ」を語り合う

      2024年4月1日、“門出式”と題したファイントゥデイグループの入社式が行われました。テーマは「美しさの本質に向き合うきっかけの日」。新入社員および経営陣が、各々が大切にしている想いや価値観を語り合い、各自の想いと重なる草花を皆で一つの花瓶に生けていくというセッションを行いました。一人ひとりの想いが調和し、温かな空気に包まれた門出式の様子をレポートします。 テーマ「美しさの本質に向き合うきっかけの日」に込められた想い 「美しさの本質に向き合う」とは一体どのようなことでしょう

      • サステナビリティの道を極める。公務員からスタートアップへ!【Youはどうしてファイントゥデイへ?】

        ファイントゥデイは、資生堂からパーソナルケア事業を引き継ぎ、2021年に誕生しました。TSUBAKIやfino、unoなど、皆さんの毎日を美しく、豊かにする日用美品の生産・販売を手掛けています。 創業からわずか3年で、ファイントゥデイは工場の取得やラボの開所、サステナビリティにおける国際評価の獲得など、大きな成長を遂げてきました。その成長を支えるのは、さまざまな業界・業種から集まった個性豊かな社員たち。創業間もないファイントゥデイに入社した多様な社員の想いを紐解く企画が、

        • 中国の美容市場をけん引するライブコマース【世界のオフィスから~中国編~】

          ファイントゥデイグループは、世界11の国と地域で事業展開するグローバルカンパニーです。日本国内を含め、アジア地域に20の事業拠点を設置し、TSUBAKI、fino、unoをはじめとする、美意識に根ざしたパーソナルケア製品の製造・販売を行っています。 社員の約半数は外国籍。グループの売上の実に60%以上を占めるのも、中国、APAC(アジア太平洋地域)の海外です。海外拠点では、各国・地域のニーズをきめ細かく把握・分析し、日本発の製品にとどまらず、多様な文化背景を持つお客さまに

        • 固定された記事

        ファイントゥデイ公式note、はじまります

          ストップ気候変動!温室効果ガス削減に取り組む、環境グループのお仕事

          いま、世界で気候変動による異常気象や自然災害が相次いでいます。2023年は、日本で平均気温が1898年の統計開始から最高記録を更新*。世界各地で、森林火災や暴風雨、洪水、干ばつが発生しました。 皆さんの毎日を美しく、豊かにするための日用美品を生産するファイントゥデイも、事業活動の中でたくさんの水やエネルギーを使っています。 そこで2023年1月、環境負荷を削減するための活動を強力に推進するため、サステナビリティ本部に環境グループが新設されました。 気候変動対策に取り組む趙マネ

          ストップ気候変動!温室効果ガス削減に取り組む、環境グループのお仕事

          こだわりは、気分が弾むスイッチを作ること。新ブランド「プラストゥモロー」、デビューの裏側【後編】

          23年秋から一部店舗で先行販売していた、ファイントゥデイ初のプレミアムヘアケアブランド「+tmr(プラストゥモロー)」(以下+tmr)。+tmrは髪の本質ケアに着眼し、ヘアケアの可能性を一歩先へと進める、ファイントゥデイ待望の新ブランドです。 口コミランキング上位に入るなど、話題沸騰中。その理由は? +tmrのこだわりは、タンパク質だけではありません。ブランドコンセプト「いい髪が紡ぐ素晴らしい今日、そして明日」に込められた想いを、どのように製品で伝えようとしているのか。

          こだわりは、気分が弾むスイッチを作ること。新ブランド「プラストゥモロー」、デビューの裏側【後編】

          いい髪はタンパク質から、つくられる。新ブランド「プラストゥモロー」、デビューの裏側【前編】

          ファイントゥデイ初のオリジナルヘアケアブランド「+tmr(プラストゥモロー)」(以下+tmr)は、髪の本質ケアに着眼し、ヘアケアの可能性を一歩先へと進める、ファイントゥデイ待望の新ブランドです。 +tmrが目指すのは、髪を本質的にケアすることで、気持ちまでも晴れやかにしていくこと。「いい髪が紡ぐ素晴らしい今日、そして明日」というコンセプトは、機能価値、情緒価値を超えて、ユーザーの気持ちや行動をポジティブにかえたいというブランドの想いが込められています。 23年秋から一部店

          いい髪はタンパク質から、つくられる。新ブランド「プラストゥモロー」、デビューの裏側【前編】

          新ブランドの1番のファンを社員から。TSUMUGIがプラストゥモローのサンプル配布に込めた想い

          2023年6月にファイントゥデイ(以下、FT)と生産を担うファイントゥデイインダストリーズ(以下、FTI)の一体感を醸成するため、社内有志団体“TSUMUGIプロジェクト”が発足。これまで社内夏祭りのステージ企画 や、社会貢献活動を実施してきました。そんなTSUMUGIプロジェクトの次なる企画は、FTグループ初の新ブランド「+tmr(プラストゥモロー)」の社内ファンを増やすこと。TSUMUGIメンバーへのインタビューを通して活動に込められた想いを紐解きます。 「+tmr」社

          新ブランドの1番のファンを社員から。TSUMUGIがプラストゥモローのサンプル配布に込めた想い

          お父さん、お母さんへ“素晴らしい今日”を届けたい。TSUMUGIのクリスマスプロジェクト

          ファイントゥデイグループの社内有志団体「TSUMUGIプロジェクト」が、2023年12月20日に増上寺で行われたフードパントリーに参加し、港区のひとり親家庭を中心とする約200世帯に当社製品を寄贈しました。 「毎日子育てに奮闘しているお父さん、お母さんに、当社製品を通して”素晴らしい今日”をお届けしたい。」そんな想いで始まった、クリスマスプロジェクトの裏側をご紹介します。 はじめての社会貢献活動!2023年6月に誕生したTSUMUGIプロジェクトは、製品の販売・マーケティン

          お父さん、お母さんへ“素晴らしい今日”を届けたい。TSUMUGIのクリスマスプロジェクト

          TSUBAKIベトナム 乳がん患者サポートの軌跡 美しさから人生をエンパワーメント

          ファイントゥデイを代表するヘアケアブランドTSUBAKI。アジア11の国と地域で取り扱いがあり、ベトナムでは2018年のブランドローンチ以降、プレミアムヘアケアカテゴリで数々の売上No.1*を獲得するなど、ベトナムで広く愛されるブランドとしてめざましい成長を遂げています。 * Lazada.vn: #1 in premium haircare segment (2023年6月) TSUBAKIがベトナムで愛される理由は、2019年より実施しているヘアドネーション活動「Pin

          TSUBAKIベトナム 乳がん患者サポートの軌跡 美しさから人生をエンパワーメント

          2023年によく読まれた記事ベスト3

          2023年も残すところわずかとなりました。皆さまにとってどのような一年だったでしょうか。 私たちファイントゥデイにとっては、昨年に続き資生堂からの事業承継を経て会社基盤を整えていく一年となりました。1月の「ファイントゥデイ資生堂」から「ファイントゥデイ」への社名変更を皮切りに、埼玉県とベトナムでの工場取得、江東区豊洲での研究所新設など、次々とメーカーとしての機能を揃えてきました。 そして7月の公式note立ち上げも大きな挑戦の一つです。わたしたちのパーパスを起点とした企業活

          2023年によく読まれた記事ベスト3

          異業種間のコラボで物流の"2024年問題"に挑む ~3社連携によるコンテナ共同利用の取組み~

          物流の「2024年問題」(2024年4月から時間外労働に対する新たな上限規制が導入されることに伴う、トラックドライバー不足)が目前の課題として差し迫る中、企業における物流の重要性はますます高まっています。 社会全体としても、トラックドライバー不足や環境負荷低減といった社会課題に対応するために、より物流を効率化し、サステナブルにしていくことが求められています。 国内外への輸送で多くのトラックを利用する当社グループにとっても、これらの課題は非常に重要なテーマです。 2023年10

          異業種間のコラボで物流の"2024年問題"に挑む ~3社連携によるコンテナ共同利用の取組み~

          プラスチック問題を考えよう!社内勉強会イベントレポート

          ファイントゥデイは、「世界中の誰もが、素晴らしい一日を紡ぎ、いつまでも美しく、豊かな人生を送れるようにすること」というパーパス(存在意義)を経営の起点としています。社名の由来にもなった「世界中の人々に『素晴らしい一日』を」という想いをベースに、私たちが目指すべき北極星として全社員で策定しました。 そんなパーパスを社員一人ひとりが改めて理解・共感する場として、2023年度から創業日の7月1日を「Fine Together Day」とし、海外を含む全拠点をつなぐオンライン会議を

          プラスチック問題を考えよう!社内勉強会イベントレポート

          SENKAが取り組むSDGs~流通網のムダを削減し、“三方よし”の実現へ~

          製造業にとって、在庫の適正化をはじめとした、効率的な流通網の構築は重要な課題です。 効率的でムダのない流通網は、企業自身の収益性向上はもとより、環境負荷の低減やサステナビリティの実現にも貢献します。 それだけでなく、国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)の中に「つくる責任・つかう責任」が定められている通り、企業にとっての責務ともいえるものになっています。 多くのお客さまから支持をいただいているリーズナブルで高機能なスキンケアブランド「SENKA」では、2023年2

          SENKAが取り組むSDGs~流通網のムダを削減し、“三方よし”の実現へ~

          2足のわらじでトップを目指す。当社所属パラアスリート 浦辰大選手の挑戦

          ファイントゥデイでは、「世界中の誰もが、素晴らしい一日を紡ぎ、いつまでも美しく、豊かな人生を送れるようにすること」というパーパス(わたしたちの存在意義)に基づき、性別や年齢、国籍、障がいの有無等に関わらず、すべての人々を尊重し、相互に関係性を深めること=ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン(DE&I)を大切にしています。 そうした中、多様なバックグラウンドを持つ人財が活躍しているファイントゥデイには、昨年から、障がい者スポーツの世界で活躍するパラアスリート社員が所属し

          2足のわらじでトップを目指す。当社所属パラアスリート 浦辰大選手の挑戦

          EcoVadisでゴールド獲得!ファイントゥデイが推進するサステナビリティ経営とは?

          「世界中の誰もが、素晴らしい一日を紡ぎ、いつまでも美しく、豊かな人生を送れるようにすること」というパーパス(存在意義)のもと、事業活動と両輪でESGの推進に取り組むファイントゥデイ。2023年9月、フランスのEcoVadis社が実施する国際的なサステナビリティ評価において、世界10万社を超える評価対象企業の上位5%にあたる「ゴールド」を獲得しました。創業わずか2年余りのスタートアップがゴールドを獲得するのは、世界的に見てもめずらしいことです。サステナビリティ本部長としてESG

          EcoVadisでゴールド獲得!ファイントゥデイが推進するサステナビリティ経営とは?